2017年。

てんびん座に木星が入っている年。

6月初旬からは、2月からの木星逆行が終了して、いよいよ波動的に前進!GOGO!

・・・・な 星読みであったはず。 


が、ちーん。。。


改めて、私にとっての 「GOGO!」 な状況って何だったんだろう? とふと氣づく。

今までの 「記憶」 でしかないのかも?

現実的には、なんか・・・・ どんどん剥ぎ落されていく感じである。

具体的には、仕事の量は伸び悩む。設定した数はクリアしているが、伸びない。

それは、新規開拓が必要なのだと、読むのが自然なのだろう。



今までの 「記憶」 の中で生きるには、もう限界だということらしい。


以前、様々な治療家の元へ その施術を体験に出向いていた時期があった。

ただのお客さんとして、ほとんど施術を受けていた。体験していた。

何回か足を運んだ方のひとりが、都内で三井温熱療法を提供していたMさん。

彼女は、自身がこの療法で重い膠原病を克服した経緯があることで、彼女の中での信頼度はそのまま施術に反映されていた。


私は、彼女の施術そのものよりも、その療法、そして自分への信頼度の高さに感銘を受けて、何人もの大切な人を紹介した。

クライアントからカラダを預けて頂くということを、彼女からかなり影響を受けていることを改めて思う。


そう、今 私は悶々としているのだ。


クライアントのカラダに、そしてエネルギーに向き合えば、自ずと全体を整える方向を瞬時に設定してしまう自分がいるのだ。

そんなことまで、クライアントは求めていないことに氣づきはじめている。


ただ、今の不調や痛みを取り除きたいだけだと 認めた方が 楽なのだ。

現実的なストレスを、本当は解決しようなんて思ってはいないのだ。


もっと、ビジネスライクにかるーく 仕事をしてよいのでは? と。



先日、こんなことがあり、益々 落ちた (+o+)


もう70代の女性なのだが、不定期に予約を入れて頂いて利用されている。

人間的に良い人だと思うのだけど・・・ なんとなく、私はどこかで苦手なのだった。

でも、施術に私情は入らない。

彼女は、たぶん いろいろなところに行っている。整形外科、整骨院、あんま・・・・と。

結局、どこに行っても塩梅が良くないものだから、私のところに来てると言った感じ。

それは、それで 全然OKなのだけど・・・

困ったことがあった。 

それは、二度目の予約をされること。 それは、常連さんは当たり前になってはいるのだけど・・・・ 彼女の場合は、その二度目の予約はほぼキャンセルか、予約変更となる。

おまけに、予約変更にした日も、ほぼキャンセルとなっていた。


実は、こういうケースは 良くあるのかもしれないが、ここ3年は、私のクライアントにはいなくなっていたので、彼女一人だけであった。


今回も、ゆるゆるストレッチのワーク依頼を受けた日が、彼女の二度目の予約がひっかかっていた。

私としては、ワークを充実していきたいこともあり、せっかくの依頼に・・

彼女の予約をこちらから変更して頂こうかとも考えた。

しかし、予約はされる側も時間を拘束されるが、する側も 同じだと考えた上、それはできないと判断して、依頼を断った。


そしたら・・・

前日の夜に、彼女から予約の変更依頼の電話が来た!

案の定? 行けなくなったので、変更してくださいと言う。

さて、どうする?  もう、予約は入れたくない。


キャンセルには応じますが、変更日は またこちらから連絡するということでよろしいですか? というご提案にした。

本心は、もうこのお客様には来て頂かなくても良いと思っていました。

その上で、ご予約システムと、こちらのスタンスを、改めて説明させて頂きました。

私はお金を頂いて、サービスを提供する側ですが、だから お客さんはキャンセルをしても良いという感覚であるなら、勘弁して頂きたいと。


こうして、お客様を失っていくかなぁ???

と 思うと、自分自身のスタンスが傲慢なのかな? という罪悪感と自己不審に陥ってしまった。


数日間、かなり悶々としていられたのも、

なぜか、今週はお客様が少ないのだ。。。。 チーン!

本日も、午前中は無し。


しかし、こうして書いていて ようやく なんだか軽くなってきた予感^^


自分がコントロールできることは、自分だけである! ということだ。


お客様を治すとか、変えるとか・・・・ 畏れ多いことに違いない。

出来ることはできるが、できないことの方が多いことを認めようと思う。


おのころさんの言うとおり、セラピストという生きものである。

それは、間違いないと思う。

しかし、まぎれもなく 人間なのだ。

人間らしく、誠心誠意(あくまでも自分に対して)であれば、大丈夫。



0コメント

  • 1000 / 1000